高級賃貸で贅沢が極まる|ゴージャスな暮らし

女性

新しく部屋を借りる

内観

初期費用をあまりかけずに借りる

新しく部屋を借りると、その部屋を借りるための契約にかかる費用だけでなく、現在の部屋に荷物を新居に運ばなければならないので引っ越し費用もかかります。さらに、近所への挨拶の品や住所が変わったという連絡、そして以外にかかってしまうのが家具や家電製品の買い替えのための費用です。別に今使っているものをそのまま新居で使おうというのは甘い考えで、実際は部屋のインテリアに合わなかったりサイズが合わなかったりとするので結局買い替え費用が発生します。いろいろとお金がかかりますので、何とか費用を抑えたいところです。そこで初期費用を抑えられる物件として注目されているのが敷金礼金0の物件です。敷金礼金0なので初期費用で敷金と礼金がかからないのです。

敷金礼金0の注意点について

初期費用として敷金礼金0の賃貸物件は、本来であれば敷金と礼金は家賃の1か月から2ヶ月程度かかりますので、それがないということでだいぶ費用を安く借りることができます。しかし、注意しなければならない点もいくつかあり、敷金は担保として大家さんに預けておくお金です。家賃の滞納や退去時のリフォーム費用に充てられるお金です。それがないということは、その分家賃に上乗せされているケースもあるのです。それを知るには、近隣の同じ広さの物件の相場などを確認して相場より高ければ家賃が割高になります。また、敷金礼金0は結局のところ契約の時に敷金を払わないので退去時に原状回復の費用を請求されることがあるので、トータルでの支払いは変わらないこともあるのです。