高級賃貸で贅沢が極まる|ゴージャスな暮らし

女性

安い物件

不動産

お金がなくても住むことが可能な物件

昔は、1万円札を握って不動産会社へ行けば貸してくれる物件がありました。もちろん、3畳一間で風呂なし、トイレと台所は共同といういわゆる昔ながらの木造アパートがそれです。最近そのようなアパートを見かけないのはそれなりに理由があります。その理由は単に需要がないからです。新築アパートや新築マンションで風呂なし、トイレとキッチンは共同、自分のスペースは3畳だけというところがあったとしても入居者はほとんどいないからです。つまり、時代が変わり、賃貸住宅を借りる時はある程度お金がかかってもしっかりした住宅に住みたいと思っている人が多いということです。ただ、すべての人がお金を持っているわけではありません。そんな人には敷金礼金0の物件がおススメです。

敷金礼金0の物件の特徴や問題点

敷金礼金0の物件とは、その名の通り敷金と礼金がかからない物件です。また、保証人も必要としない物件もあります。この段階で初期費用を随分安く済ませることが可能になります。例えば、普通の賃貸マンションやアパートを借りる時は大体家賃の4倍から5倍のお金が最初の段階でかかりますが、敷金礼金0の物件はその半分程度しかかからないということです。ですが、その反面、別のところでお金がかかることに注意が必要です。例えば、途中解約をした場合などは大目に違約金を取られる場合があることや、退去するときに原状回復としてのハウスクリーニング代が高めに設定しているなど、敷金礼金0の物件は入居するときの敷居が低い分そのほかのところでお金が必要になってくるのです。